着色汚れどう落とす?歯を綺麗に見せるために

効果が出る期間と持続期間

1回だけでは効果が小さい

セルフホワイトニングは、1回だけでは効果があまり感じられません。
その場合は、何回か繰り返してください。
次第に歯が白くなっていくので、好みの白さになったらやめましょう。
このように着色汚れを落とすまでに時間が掛かる面がデメリットですが、好みの白さにできる面はメリットだと言われています。

オフィスホワイトニングでは効果が大きすぎて、不自然な白さになるかもしれません。
自然に歯を白く綺麗に見せたい人は、セルフホワイトニングがおすすめです。
何度かセルフホワイトニングを行い、どのくらい行えば好みの白さになるのか把握しましょう。
デートやイベントの予定があっても、タイミング良くセルフホワイトニングを始められます。

長く効果が続くメリット

持続期間については、オフィスホワイトニングよりもセルフホワイトニングの方が長いと言われています。
頻繁にセルフホワイトニングをする必要はありません。
面倒な手間が掛からない面も、セルフホワイトニングのメリットになるでしょう。
着色汚れの種類によっては、セルフホワイトニングでは対応できません。

特にタバコのヤニ汚れは落とすのが難しいので、自分の歯の着色汚れは何が原因なのか先に把握しておくとよいでしょう。
ヤニ汚れが気になる人は、歯医者で歯のクリーニングを受けると改善できると言われています。
カレーやワインなどを食べたことが原因で着色汚れがついた時は、セルフホワイトニングでも十分効果を発揮できるのでご安心ください。


TOPへ戻る