着色汚れどう落とす?歯を綺麗に見せるために

失敗するリスクがある

作業を全て自分で行う

オフィスホワイトニングは、医師が施術を進めてくれます。
自分は診察台に寝ているだけで良いので、非常に楽です。
セルフホワイトニングでは、自分で薬剤を塗ったりマウスピースを装着したりしなければいけません。
その作業を間違えると、着色汚れを綺麗に落とせないこともあるので気を付けましょう。

気軽に行える面はメリットですが、よく方法をわかっていないまま行うと、失敗するリスクがあります。
歯が傷ついた、着色汚れがひどくなったというトラブルを避けるために、事前に道具の使い方を覚えましょう。
セルフホワイトニングの流れに目を通しておくと、初心者でも簡単に作業を進められます。
最初の頃は焦らないで、1つずつ作業を確実に済ませましょう。

歯医者に行く時間がない

休日や仕事から帰った後など、好きな時間に着色汚れを落とせる面がセルフホワイトニングのメリットです。
オフィスホワイトニングは、わざわざ歯医者に出向かなければいけません。
人気が高い歯医者だとなかなか予約が取れないこともあり、希望するタイミングにできない可能性があります。
また忙しい人は、歯医者に行く時間すら確保できないでしょう。

忙しい人は、自宅で着色汚れを落とすようにしてください。
子育てをしている人も、セルフホワイトニングなら誰かに子供を預けなくても良いので安心です。
ずっと仕事や子育てをしていると、次第にストレスが溜まってしまいます。
たまには気分転換として、セルフホワイトニングを行いましょう。
自分磨きをすると、気分が高まるでしょう。


TOPへ戻る